読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わんこと私 グッドライフ

京都と志摩で2拠点生活。犬のこと。私のこと。50歳を過ぎてこれからの夢に向かって。

更年期の症状・障害・改善。エクエルを飲んで2ケ月。

50歳になる少し前から急激に身体が変化してきました。

顔がたるんできたとか、食べなくても痩せないとか、色んなことがありますが、その中で1番顕著に感じ出したのは、暑さに対しての反応です。

私はもともとは、とても暑さに強い方でした。

就寝時、まったくエアコンを使わず過ごした夏も、何回かあります。

「寒がりだけど暑さには強い。」それが私だと思っていました。

 

そんな私が、暑がりの家族よりも先に、エアコンの冷房スイッチを押すようになったのです。

エアコンもタイマーを付けて寝てますが、夜中に切れると寝れないので、結局朝まで冷房して寝ました。

春には花粉、夏には更年期症状の重症化・・・一年の半分が嫌な季節になってしまいました。

 

そして一番嫌な症状が、異常にかく汗。

これまでは汗が出なくて「代謝が悪いんかなぁ。」と言っていたのに。

他人と近い距離に居なければ、それでも構わないのですが、部屋や店の中で一人だけ汗を流してるのは、本当に恥ずかしいものです。

恥かしい気持ちが余計に汗をかかせます。

あぁ・・・人に「汗かかんなぁ。」って言われるたび「あたし、女優だから。」と、頬に手を当てて決まり文句を返していた日が懐かしい。

 

また他には、頸動脈を抑えられたかのように、顔がカーっとなる症状も。

強いて言うと、赤面する時の感覚に似てるのでしょうか。

それは見晴らしのいい道路を楽しみながらドライブしてる時とか、一人家でテレビを見ている時など、リラックスした状態でもなるので、外的な刺激は関係ありません。

更年期なんだから仕方がないのですが、どうにもつらいです。

病気ではないとは言え、細かいパンチを体に当て続けられてるようなダメージが、精神的にも蓄積されていっています。

どうにかしたいんだけど・・・

 

病院に行くしかないんだろうか?

ネットでいくつか調べてみたら、こちらのページが丁寧に教えてくださってました。

 

更年期障害

気になる病気の症状・原因・予防

閉経前後の更年期にホルモン産生のバランスが乱れ、ほてり、のぼせ、発汗などの症状が現れる状態を、更年期障害といいます。ホルモン補充療法などの薬物療法や、心理療法による治療が行われます。

f:id:wankolife:20161120125326p:plain

 

 更年期障害の検査と診断

 問診(主に聞かれること)
1.問診(主に聞かれること)

現在の症状に関わること(種類、発症時期、程度)
月経に関わること(最終月経、月経周期)
これまでにかかった病気、家族の病歴  など

2.主な検査と確認事項
検査確認すること
血液検査
  • 血液中のホルモン量を測定し、エストロゲンが減少し、卵胞刺激ホルモンが増加するといった更年期にみられるホルモン変化があるかどうか
  • 生活習慣病などの病気が隠れていないか
内診、細胞診などの婦人科系の検査
心理テスト

3.診断 現在は、以下のような項目に該当すれば更年期障害と診断されています。

  • 更年期に該当する年齢である
  • 診察や検査の結果、更年期症状と同じ症状を示す別の病気がないと診断できる
  • 訴えが心身両面にわたり、多彩かつ複雑である  など

 

 

・・・だそうです。けれど受診を想像して、婦人科に対して悪い記憶しかない私は、やっぱり病院に行く気が起こりませんでした。

なんとか病院に行く以外で和らげるものは無いか探してみましたが、どれがいいものかわからなかったです。

そんな時、テレビのCMでこれを知りました。

覚えてますでしょうか?一時期頻繁にCMしてたけど、今見ないですね。

 


エクエルCM| 「あつがりのこと」篇30秒

 

 この女優さんのセリフが、私の声そのものだったです。

(この旦那さん素敵ですよね。理想のフォローです(#^.^#)

それでこれを試してみようと思いました。

月に4000円程で、金額的にも続けられそうです。

1日に4粒。

コーティングされているので、変な味も匂いもしませんが、粒が大きい。

飲むのがこわい。

私はキッチンばさみで3つの輪切りにして飲んでます。

                                  f:id:wankolife:20161120193428p:plain

 飲み始めて2ケ月目ですが、あのカァーッとなる感じが和らいでる気がします。

(汗などは開始前とは気温の暑さが異なるので比較できません。)

これなら続けてみようという気でいます。

 

 更年期の症状です。

このように更年期障害では多くの症状があります 。

赤い文字が私にも自覚のある症状です。

分類症状
血管運動神経系 ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、冷え、動悸、息切れむくみ
精神神経系 頭痛、めまい、不眠、不安感、いらいら、憂鬱、うつ状態、耳鳴り、立ちくらみ
運動器官系 腰痛、肩こり、関節痛、背部痛、筋肉痛、疲れやすい
消化器系 食欲不振、吐き気、便秘、下痢、のどの渇き、口臭、胃もたれ、胸やけ
泌尿器系 頻尿、残尿感、排尿痛、血尿、尿失禁
生殖器 月経異常、膣乾燥感、性交痛、性欲低下
知覚系 しびれ、知覚鈍麻(感覚がにぶい)、知覚過敏、蟻走感(蟻が体を這っているような感覚)、視力低下
皮膚系 皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみ

ですが、注意が必要なのは、これらの症状が更年期障害によるものとは限らないということです。
何らかの症状が現れた時に、更年期症状だと思って放っておいたら、実はほかの病気だった、というようなこともありますので、気になる症状が現れた時には婦人科などの専門医を受診するようにしてください。

 

・・・と、サイトに書いてあります。

 

これは私が経験しました。

去年の夏、上表にある更年期症状を感じながら我慢して過ごしていたら、レジで財布からお金を出す時に凄く震えて・・・おかしいなと思いました。

そして風呂上がりに久しぶりに自分の足首に目をやると、象の足みたいに膨らんでたのです。

さすがに「これはただの更年期ではない」と思って調べたら、どうも甲状腺異常にも当てはまっていたので、病院へ行きました。

そして結果は推察通りだったのです。

(幸い一時的なものだったようで投薬の必要もなく、3ケ月後元に戻りました。)

 

本当に厄介な症状。

更年期。

今は涼しくなったからだいぶ楽だけど、また夏が来るのがこわいです。