読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わんこと私 グッドライフ

京都と志摩で2拠点生活。犬のこと。私のこと。50歳を過ぎてこれからの夢に向かって。

動物愛護に使ってもらえます、ふるさと納税。寄付するより信頼出来て満足です。

 ふるさと納税されてますか?
テレビで特集を組まれたり、ニュースでもふるさと納税の話題が放映されてますね。
しかし知名度がない為に、わかりやすく人の興味をそそる目的があるからでしょうか。
まだ今のところ「どれだけお得か?」という部分に焦点を当てています。
 
私も初めてふるさと納税を知った切掛けはそういう類でした。
”納税額以上にお得なものもある”と知ったものの、すぐには実行には至らず。
我が家では2年後位にふるさと納税する気持ちになりました。 

「よし、ふるさと納税するぞ!」と決めても、はて?
いざ実際にしようと思ったら、どこにすればいいのか・・・
初めはテレビで知った情報を思い出してサイトを見てみました。
が、いざ数万円を出すとなると、どれもそれ程欲しいと思えるものではありません。 
そうやって何日かに渡って探すうちに、ようやく「税金なんだから使途目的があるはず。」と気付きました。
 
私がお金を使ってほしいと思うのは何だろう?と考えると「自然保護」です。
普段から税金の使い道について思うところはありました。
人間の犠牲になっている動植物にも使って欲しいな、と。福祉枠みたいに。
人間だったら「ここをこうして欲しい。」と声を上げれます。
けれど声も出せず、ただただ犠牲になるのは、自然環境やそこに住む動物。
それらを守るための税金なら喜んで出せます。 

そういうジャンルで調べましたが、思うような活動は中々見つけられませんでした。
「自然、森、海、山、動物・・・う~ん・・・動物保護?」と連想し「動物愛護」にキーワードが移り、ようやくヒット!
 
こちらのページに辿りつきました。www.city.amagasaki.hyogo.jp

1 寄付金の使途

皆さまから頂いた寄付金は、「野良猫の不妊手術費用の助成」や、「犬・猫の適正飼養に係る普及啓発の取り組み」、「犬・猫の殺処分数ゼロを目指すための取り組み」などに使わせていただきます。
 
   
即刻、これに決めました。
尼崎に住んでいたこともあるので、市に縁もありました。
その上、記念品も悪くないです。
うちは「ホテルの食事券5000×2枚」(3万円寄付した場合選べる)を選びました。
 

初めてふるさと納税を収めた年、驚いた事があります。

わざわざ市の方が、寄付についてお礼の電話をくださるのです。
電話口で「この度はふるさと納税をいただきありがとうございました。こちらは間違いなく動物の保護に使わせていただきます。」とおっしゃってくれました。
またその話口調が、普段そんな電話することない感じで・・・

不慣れな方がたどたどしく一生懸命だったので、好感度が凄かったです。

さらにその後しばらくして、お礼の封書も届きました。

ふるさと納税なんて形だけだと思っていたので、かなり丁寧にしてくださって驚いたものです。

 

が、それだけでは終わりませんでした。
いただいたお食事券でランチをしに尼崎市に行った日。
犬を連れていたので、犬を散歩させるため公園へ。

散歩中気付くと、そこに立っている木にポスターが貼られていました。

殺処分される犬の告知でした。(2015年の情報)

f:id:wankolife:20161122151904j:plain


あとわずかの命を救うため、誰か里親になって欲しいという内容のものです。
実際に、こういった活動をされていることを目のあたりにして、「来年もここに納税しよう」と決め、今年もしました。感動しました。

 

そして記念品でいただいたランチです。

f:id:wankolife:20161122152136j:plain

 
お味はこちらでレポートしてます ↓
ふるさと納税→動物愛護→ご馳走!

f:id:wankolife:20161120150107p:plain

鉄板焼 貴布祢

関連ランキング:鉄板焼き | 尼崎駅(阪神)大物駅

 

 

これを「生きたお金の使い方」というのでしょうね。

有意義な使い方をさせてくれる尼崎市「ありがとう」です。

    
 
 


こちらのサイトでは動物保護・管理目的でふるさと納税が行える自治体を掲載。
とてもわかりやすい。

    

 

f:id:wankolife:20161122134342p:plain

 
 
尼崎市ふるさと納税も載っていて、嬉しかったです。
 
 

兵庫県尼崎市

犬・猫の殺処分数ゼロを目指す

【取り組み】尼崎市では、人と動物が調和し共生する社会を目指し、動物の愛護と管理に係る施策の更なる推進に活用します。【使いみち】寄附金は、野良猫の不妊手術費用の助成、犬・猫の適正飼養に係る普及啓発の取り組み、犬・猫の殺処分数ゼロを目指すための取り組みに活用されます。      
 
 
 
 
税金の使い方を収める側が選択できるふるさと納税
多くの方が動物愛護にふるさと納税が使われることを知って、意義あるものにしていただけたらと切に願います。