読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わんこと私 グッドライフ

京都と志摩で2拠点生活。犬のこと。私のこと。50歳を過ぎてこれからの夢に向かって。

プレーリードッグのすみれ。今日は命日です。亡くなった時に繰り返し聴いたBUMP OF CHICKEN「花の名」。まるで現代の般若心経。

わんことお散歩。

プレーリードッグをご存知ですか?

私が「プレーリードッグを飼ってた」と人に話した場合、認知度は約50%。

2人に1人は「知ってる」と言います。

知ってる人は「あの、立つやろ?」と言い、知らないと言った人は「プレーリードッグ?犬?」と聞きます。

そんな反応から、どちらにしても「プレーリードッグとは」から説明を始めなければならず、結局その説明だけに終わってしまって、ウチの子そのものの話には及ばず・・・という事が多かったです。

まあ、それだけ話が複雑になるくらいプレーリードッグが魅力的で特徴ある生き物だという事です。

 

www.pz-garden.stardust31.com

 

今日は、かつて番(つがい)で飼っていた、プレーリードッグの雌すみれの命日です。

すみれは花の匂いを良く嗅いでいたので、今は花を見る度にすみれを思い出します。

月命日の11日には、必ず花瓶に花を飾ってある状態にしています。

命日の今日は、花と好物の胡桃を供えました。

 

すみれという名前は、初めて見た時の印象からです。

ホームセンターのペットコーナーで、冬の終わりに産まれたベビーのプレーリードッグが数匹、ゲージに入っていました。

その中で「この子」と思い、選んだのがすみれです。

細く頼りない小さな体で、色の地味なネズミのようでした。

けれど可愛らしくて、道端にそっと咲くすみれの花を連想させました。

 

そんな由来もあって、すみれが亡くなった頃に繰り返し聞いて

涙を流していた曲があります。

 

 簡単な事なのに どうして言えないんだろ

 言えない事なのに どうして伝わるんだろ

 一緒に見た空は忘れても 一緒に居た事は忘れない

 

 あなたが花なら たくさんのそれらと変わりないのかも知れない

 そこからひとつを選んだ僕だけに歌える唄がある

         :

 僕がここに在る事は あなたが在った証拠

         :

 生きる力を借りたから 生きてる内に返さなきゃ

         :

 いつか涙や笑顔を忘れた時だけ思い出してください

 迷わずひとつを選んだ

 あなただけに歌える唄がある

 僕だけに聞こえる唄がある

 

~BUMP OF CHICKENの「花の名」一部抜粋~

 

私にとっての花の名は・・・すみれです。

歌詞がたくさんの花(プレーリー)の中からすみれを選んだ経緯と言い、一番辛い時期にそばに居てくれた事と言い、まるですみれからのメッセージのようで、今でも涙が出そうになります。

単純だけどとても深い歌詞で、まるで現代の般若心経だなと思います。

この曲のお蔭でいっぱい泣いた分だけ、ずいぶん楽になりました。

 

                f:id:wankolife:20161212145407g:plain

 

  すみれは、先に飼っていたテンと名づけたオスのプレーリードッグの元、1年後に「お嫁さん」として飼い始めたのですが、それまで人間と暮らしていたテンは当初、プレーリードッグを受け入れませんでした。

犬の場合でもそういった事があると思うのですが、人間との暮らしで自分も人間の姿形をしていると思っていて、後から来た犬が自分と同じ生き物だと思えないという状況です。(プレーリードッグって、犬くらい賢い所があるんです。)

すみれの方は初見から懐いて行ったのですが、近寄るすみれを威嚇して、上から押さえつけるという2匹の関係が、1年以上続いたと思います。

それでもすみれは健気で、めげずに慕って行った結果、徐々に同じプレーリードッグとしての同居生活を送れるようになりました。

 

高い所が好き。遠くを見渡します。

f:id:wankolife:20161211210308j:plain

 

なでなでして~と甘えてきます。

気持ち良さそうな顔をして、そのまま寝たりします。

赤ちゃんのように、手をぎゅっと握ります。

f:id:wankolife:20161211210343j:plain

 

 座ったまま寝てしまったすみれ

ちょっと肥えていて、まるまるしてました。

f:id:wankolife:20161211210432j:plain

 

 今日は、昼前に迷い犬を保護するという出来事がありました。

すぐに交番に届けたのですが、もし飼い主が名乗り出なければ保健所に移送後、1週間~10日という短い期間で殺処分になってしまうという事で、とても心配しました。

外飼いの中型犬だったので、家では絶対に飼えないし・・・。

明日になってもそのままだったら、チラシを作ろうとか、貼らせてもらうお店を考えたり、何も手につかなかったです。

夕方5:30頃、交番から「飼い主が迎えに来ました」と電話があり、本当に嬉しかったです。今年一番嬉しかったかも。

 

今日はすみれの命日と言う事で、何度も何度もすみれにお願いしたので、すみれの力もあるような気がします。

そういうことも感じて、今日はとても気分のいい日でした。